第41回SSP展 宮崎展


2021年4月24日(土)~6月6日(日)

宮崎県総合博物館


設営

4月17日()宮崎県総合博物館特別展会場にて写真作品の設営を行いました。

SSP会員の石田氏と東木場氏の2名と博物館の主担当の竹下学芸員、副担当の二宮さんの2名に加え他数名の学芸員の方々にも手伝って頂き3時間程でした。

写真作品全151点は予め図録の順に従って並べてあり、それをベースに写真の中身や全体で観たときの見易さ等を考慮して並べ替えていく作業となります。

毎回会場の作りは異なっており、主担当の方が一番苦労される所でもあり、また遣り甲斐のある作業だそうです。

今回も工夫を凝らした会場の作りに感動しました。

設営作業後、数日後に剥製や標本のセットにライティングが行われ完了となります。

集合写真は向かって左からSSP会員の石田氏、東木場氏、博物館の竹下学芸員(主担当)、二宮さん4月27日(土)


開会式・ガイドツアー

4月24日()41回SSP宮崎展が開催されました。

TVの報道陣も駆けつけ、子供一日博物館館長の家族が見守る中、一日博物館館長の代表挨拶とテープカットが行われ、開催セレモニーが華々しく行われました。

その後、SSP会員(福島英樹氏・東木場昭裕氏)に依るガイドツアーが行われました。

また今回は3人の一日博物館館長が各自で選んだ写真作品についての感想や被写体についての解説を発表するというスペシャルガイドツアーも新たに加えられました。

より子供たちに被写体に興味を持ってもらおうと云う博物館の素晴らしい企画に感心いたしました。

選ばれた作品は「月夜のツキヨタケ」「オオサンショウオの顔」「イプシロン3号の夜光雲」でした。

今回の開会式の様子は宮崎放送局のニュースで当日放送されました。(MRTニュースHP http://mrt.jp/localnews/?newsid=00038110

また、一日博物館館長の様子は、同じく宮崎放送局の番組『みらい・みやざき まなび隊』で5/15()1645放送予定です。


「生きものKids写真教室」

5月2日()宮崎県総合博物館に於いて、SSP展関連イベント「生きものKids写真教室」が行われました。

今回は11名の子供たちと、その保護者の方々が参加されました。

最初に生き物についての話しと撮影方法をレクチャーしたのち、 博物館の近辺で生き物を探しながら撮影を行いました。

撮影開始直後からいきなり地面に寝転んでローアングルで撮り出す男の子や、気持ち悪いと言いながらも果敢にザトウムシ撮影に挑む女の子、カメラの機能をフルに活かして撮影する大人顔負けの子供が居たりと、私の想像を遙かに超えた子供たちの撮影する姿に驚かされました。そして、昆虫探しをし一緒に撮影する親子の姿や、子供の撮影をサポートする親の姿があちらこちらで見られ、和やかな時間が過ぎていきました。

撮影が終わると館内に戻り、お気に入りの写真を各自発表してもらいました。

限られた場所で1時間という短い時間に拘わらず個性豊かで、自分たちの目で見て感じて、工夫しながら撮った写真は保護者からも感嘆の声が漏れる程の素晴らしいものばかりでした。

講座終了後は、自分が選んだ写真を缶バッチにして参加賞として渡しました。

世界に1つしか無い缶バッチを手に、子供たちはとても喜んでいました。

 

写真教室はSSP会員の福島英樹氏と東木場昭裕氏が担当しました。

 

写真の説明

① SSP会員福島氏あいさつ

② SSP会員東木場の講座

③ 座学の様子

④ 野外撮影開始

⑤ 背の低い苔をローアングルで撮影

⑥ うつ伏せになって撮影

⑦ 親が子供の撮影をサポート

⑧ 親子で一緒の被写体を撮影

⑨ 苦手な昆虫に果敢に挑戦

⑩ いきなり現れた数匹の蝶を慌てて撮影

⑪ 思い思いに撮影

⑫ 写真を選びながら館へと戻る

⑬ 選んだ写真を提出

⑭ 自分の作品を缶バッチにして渡す


第41回SSP展 WEBギャラリートーク

第41回SSP展 

WEBギャラリートーク オープニング

第41回SSP展 

WEBギャラリートーク 顕微鏡・科学


第41回SSP展 

WEBギャラリートーク 鳥類

41回SSP展 

WEBギャラリートーク 両生爬虫類・哺乳類


第41回SSP展 

WEBギャラリートーク 

植物・菌類

第41回SSP展 

WEBギャラリートーク 

水中・水棲生物


第41回SSP展 

WEBギャラリートーク 昆虫・節足類

第41回SSP展 

WEBギャラリートーク 山岳・天体・自然風景


第41回SSP展 

WEBギャラリートーク 動画部門